効果重視!医療脱毛

医療脱毛とはどういうものでしょう

医療脱毛は、黒い色に反応するレーザー光を肌にあてて毛根の毛母細胞に作用させ、毛を生えなくする脱毛方法です。これは医療行為にあたるため、エステなどでは行うことはできません。クリニックなどの医療機関で、看護師や医師が施術をします。レーザーで毛母細胞を破壊するため、永久脱毛が可能です。

医療脱毛は光脱毛より少ない回数で脱毛ができますが、医療脱毛であっても、一回の施術で全部の毛を処理することはできず、何回かの施術が必要になります。これは、レーザー脱毛をするためには、その毛の「成長期」にレーザーを照射する必要があるためです。毛の成長のサイクルには個人差があり、部位によっても違うため、全ての毛を処理できるまでの回数や期間は、人によって異なります。

医療脱毛のメリット・デメリットは

メリットとしては、まず医療脱毛は永久脱毛が可能だという点が挙げられます。レーザーで毛根の毛母細胞を破壊し、それ以降、毛を生えなくすることが可能です。また、光脱毛に比べて必要な施術回数が少なく、期間も短くて済みます。そして医療機関で行うため、万が一トラブル等があった場合も、すぐに対処することが可能だという点も、大きなメリットと言えます。

デメリットとしては、強力なレーザーを用いるため刺激があり、人によっては痛みを感じることがあると言われています。一回当たりの料金も、光脱毛に比べて高くなります。そしてクリニックなどの医療機関に行く必要があるため、エステのように手軽に受けることはできないという点も挙げられます。

新宿で脱毛サロンを探すときは、予約の取りやすさ、完了までの施術期間とコース料金など、色々と比較をして一番自分に合ったサロンを選ぶことが大切です。